Search
Search Menu

近頃の合宿免許の取り方

近ごろでは、車の免許を取るためにさまざまな学び方があります。それぞれのライフスタイルに合わせて、教習所に通う人や、泊まりがけの短期集中型で合宿をしている人もいます。それらの中でも、合宿免許には、数多くのメリットがあるのです。
合宿免許には、多くの人々との新しい出会いが期待できます。若い学生から高齢のビジネスマンや主婦など、普段は出会うことのない幅広い年代の人々と交流を深めることも可能ですので、コミュニケーション能力を高めるというメリットもあるのです。
さらに、自動車の合宿免許で知り合って親しくなった相手と一生の友達になったり、恋人として付き合うようになるケースも多く見られます。合宿免許のおすすめの人気ランキング2chまとめには、講習を受けている合間にはテニスやスキー、温泉などリゾート気分を味わえるレジャーの多い場所が圧倒的な人気を集めています。楽しみながら免許も手に入れることができると、多くの生徒たちの間で絶大な関心を集めています。

合宿免許 くりっく




合宿免許所を利用した私が語る自動車学校の違い

短期間で免許の取得をしたかった私は「合宿免許所」を利用することにしました。
合宿免許先の選び方として参考にしたのが、利用者の口コミが書かれたサイトでした。
自分自身が疑問に思っていた宿泊施設や食費、交通費や保証内容まで細かいことが書かれていたのでとても参考になりました。

このサイトを見るまでは「合宿免許所はできるだけ自宅から近い方がよい」と思っていたのですが、利便性よりも内容の方が大事であることを実感したのです。
私が利用したのは戦車で一時間半ほどのところにある緑豊かな自然のところにある合宿免許所でした。
田舎にあることで土地が安いのか、宿泊施設もすべての部屋が個室でトイレも共同ではありませんでした。
プライベートな空間があったことで一人でくつろぐこともできたし、免許取得のための勉強をする事が出来たのもよかったです。

食事に関しても食堂があり、料金もあらかじめすべて含まれたプランだったのでお金が別途かかることもありません。
味に関してはまずくはない程度でしたが、毎日、麺類と定職の二種類が用意されていたので合宿期間中に飽きることなく食事ができました。
自動車学校の違いに関しては、やはり、短期間で免許を取得できることが大きいでしょう。
通う期間が短いことが合宿免許のメリットです。
反対に、合宿免許のデメリットとしては「費用が高い」ことです。
通常、自動車学校で免許を取得することと比較すると1.5倍から2倍程度かかります。
まとまったお金を用意できない場合には分割払いも利用できるので検討してみるとよいでしょう。
免許取得までの流れとしては、朝は8時半ぐらいから学科教習と技能講習が始まります。
これが夕方18:30ぐらいまで続くので精神的には疲れを感じました。
もちろん、間には休憩時間も用意されているのですが、学生の私でも「疲れたな」と一日が終わると感じるぐらいです。

技能講習に関しては、運動神経がさほど得意ではない私でも、毎日、続けてやることによってコツをつかむ事が出来ました。
これも、合宿免許のメリットと言えるかもしれません。
どうしても、期間が空いてしまうと運転する上でのコツや要領を得ることが難しくなることもあるでしょう。
授業を終えた後は部屋で自習をするときもありましたが、仲良くなった人と食堂などで話をして過ごす事もありました。
いろいろな地域から免許を取得しに来ているので、友達の輪は広がりやすいように思います。