Search
Search Menu

合宿免許は長野で決まり!

GoToトラベルで話題になった合宿免許ですが、そもそも合宿免許って何?と思われている方も多いのではないでしょうか。ここでは、通学免許と合宿免許の違いや合宿免許のメリット、おすすめの合宿地についてご紹介します。安く運転免許を取得したい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

合宿免許って何?

合宿免許とは、自宅近くの教習所ではなく、宿泊を伴う遠方の教習所にて運転免許取得のための技能教習および学科教習を受けることをいいます。公安委員会指定の教習所なら日本全国どこの教習所でもカリキュラムは同じですから、好きな場所で教習を受けることが可能なのです。ただし、教習所を卒業した後に受験する学科試験は、住民票のある住所地の運転免許センターでの受験となりますので注意してください。

合宿免許3つのメリット

スケジュール管理が不要短期で卒業できる

合宿免許では教習所がベストなスケジュールを組んでくれるので、効率よくカリキュラムを受講できます。通学のように技能予約も必要ないので、予約待ちで無駄な時間を過ごすことなく、短期間で卒業できるのが最大のメリットです。通学では運転免許取得におよそ3ヶ月かかると言われていますが、合宿免許ではオートマ(AT) 免許が最短で14日、マニュアル(MT)免許が最短で16日で取得可能です。

安い

合宿免許では通学よりも教習料金が低めに設定されています。そのうえ卒業まで追加料金なしの教習所も多いです。通学の場合、運転免許取得に30万円程度かかると言われていますが、合宿免許は安い時期を狙えば20万円程度で済む所もあります。たとえ高い時期でも通学の場合と同程度です。合宿免許には教習料金以外に宿泊費や食費、交通費も含まれていますから、格安と言えるでしょう。

観光気分も味わえる

合宿免許では教習料金だけでなく、宿泊施設の費用、食事代、往復の交通費ががセットになっていますから、免許を取るついでに観光や食事も楽しめます。友人と参加するのも楽しいですが、たとえひとりで参加しても友人ができやすい環境と言えるでしょう。

どこで合宿する?費用は?

合宿免許で観光気分を味わうのなら、豊かな自然に恵まれ、食事がおいしく、アクセスの良い長野を選ぶのがおすすめです。長野は全国魅力度ランキングで常に上位にランクインするほど人気があります。水と空気がキレイで自然に囲まれた長野なら、教習にも集中できるでしょう。

合宿と言っても宿泊施設や部屋のタイプはさまざまです。ホテルやペンションに宿泊できる教習所や、無料でスポーツ施設が利用できる教習所もあります。相部屋が嫌な場合は個室のプランもありますので、ひとりでも安心して参加できます。

合宿免許は学生が利用することが多いため、春休み(1月後半から3月)と夏休み(7月から9月前半)が高めに設定されています。春休みは大学生だけでなく高校3年生も申し込みますので、特に混み合います。費用を安く抑えたいなら、この時期を外して探しましょう。長野の合宿免許の費用は、時期によりますが、21万円から36万円程度のところが多いです。

合宿免許はメリットがいっぱい

最短で、しかも格安で、観光気分を味わいながら運転免許が取れる合宿免許はメリットがいっぱいです。まとまった休みがとれる方、遠方への移動が可能な方は、自然に恵まれた長野での合宿免許も選択肢に加えてみてください。