Search
Search Menu

初めて運転免許を取得する人に適した免許

運転免許の種類と取得条件について

自動車などの車両を公道で走らせる際は専用の運転免許証が必要になります。免許を取得せずに車両の運転を行うと重大な法律違反になる他、大きな事故を引き起こす危険もあります。車両を安全に運転するためには免許取得が必須条件です。一般的に運転免許と称されるものは普通自動車の運転が可能になる普通免許です。自家用車の多くが軽自動車を含む普通自動車なので、公道を走らせる際は普通免許を持っていれば事足ります。また、普通免許は年齢が18歳以上で視力が0.7以上であれば誰でも取得が可能なので最も馴染み深い免許でもあります。普通免許があれば普通自動車の他、原動機付自転車やコンバインなどの小型特殊自動車も運転が出来るので便利です。通勤や仕事で自動車を運転する必要がある人には必須の免許といえます。

普通自動車免許は運転免許の中でも基本となる免許です。トラックの運転に必要な大型自動車免許は普通免許を所持していないと受験資格がありません。また、クレーン車やショベルカーなどの大型の特殊車両を公道で運転するのに必要な大型特殊自動車免許は、普通自動車の所持者であれば一部の適性検査を省略することが出来ます。このように、自動車を運転する仕事に従事する人にとって普通免許は最も重要な免許と位置づけられます。

実用性を重視した普通免許と趣味に特化した普通自動二輪免許

普通免許は一般的な普通自動車の他に原動機付自転車の運転も出来る免許です。原動機付自転車は俗に原付バイクとも呼ばれ、法律では排気量が50cc以下でサイドカーでは無い二輪車を指します。その一方で50ccを超えるバイクは中型二輪の枠に入るため、普通免許での運転は不可能です。中型二輪を運転するには専用の免許である普通自動二輪免許を取得する必要があります。普通自動二輪免許を持っていれば排気量が400cc以下のバイクまで運転することが出来るので、愛車選びの幅が広がるのが大きなメリットです。バイク乗りには不可欠な普通自動二輪免許ですが、その反面、普通免許のような実用性にはやや乏しい欠点もあります。仕事で中型二輪の運転を行うなど特別な事情が無い限り、初めて運転免許を取る際は普通免許を選ぶのが無難です。

普通自動二輪免許は趣味の要素が強い免許ですが、バイクの運転を経験することによって交通ルールの重要性をより理解することが出来ます。自動車とバイクとでは運転時の視界や体で受ける感覚が大きく異なるので、多角的な見方で安全運転を遵守することが可能になります。

運転免許は生活スタイルと実用性を考慮して選ぼう

運転免許を取る際は通勤を含めた仕事に必要であり、暮らしをより便利なものにすることを重視して選ぶことを心がけます。また、自動車免許は公的な身分証明書としても使えるので、自動車を運転しない人であっても取得して損はありません。

合宿免許の適正な料金は

合宿免許は、ふつうに自宅からドライビングスクールに登校するのとは違って、泊まり込みをしながら、学科教習、技能教習といった、さまざまなメニューをこなしていくというものです。そのため、自宅から登校するのと比較すると、かなりのスピードで卒業ができるというところに大きなメリットがあるといえます。

このような合宿免許の特徴を考えると、教習のための代金はもちろんですが、現地でホテルや宿舎に宿泊するための宿泊料、朝から晩までの食事代、現地への交通費などといった料金もかかるというのは当然といえます。そこで、合宿免許の料金としてはいくらぐらいが適正かということですが、自宅からの登校の場合であっても、最低でも普通車のコースで20万円台はかかるため、合宿免許の場合には、最低ラインが20万円台から、宿泊費が高額なプランであれば40万円台ということもあり得るということになります。

ただし、合宿免許では期間や定員があらかじめほぼ決まっていることから、ドライビングスクール側としてもその分だけ教習車や教官の配置などがしやすいというメリットがあります。そのため、通常の料金よりも、いくらか割引をしていることが多く、宿泊についても団体という扱いですので、こちらもやはり割引料金が適用されています。

このように、合宿免許は宿泊があるからといって、かならずしも法外に高くなってしまうということはなく、夏休みなどの繁忙期を外して申し込みをするようにすれば、逆に料金も時間も節約しながら卒業することが可能なケースがあります。

合宿免許の料金の比較

合宿免許は短期間で合宿をしながら免許の取得が出来て、通常の教習での免許取得に比べて時間も料金も軽減されるので、短期間に集中して免許を取得したい人や、夏休みなどを利用して免許を取得したい学生の方に向いている教習です。

合宿免許はただ泊まり込んで教習をするだけでなく、合宿中にさまざまな充実出来るプランが用意されています。教習中はしっかり勉強しながら、終わってからは空いた時間を使ってしっかり遊ぶことの出来るプランもあります。こうしたプランが各教習所で増えてきているので、合宿中に退屈することがなくなります。

自分が受けてみたい教習所やプラン別で合宿免許を探すのは、専門のサイトがインターネット検索でいくつか見つかるので、サイト内で検索や比較をしながら入校申込もウェブ上で手続き出来ます。日本全国の教習所を対象に手軽に合宿先を探すことが出来ます。

合宿やプランの内容から探すことも出来れば、料金を比較しながら入校したい教習所を決めることも出来ます。合宿免許の値段は何で決まるかと言うと、それぞれの宿泊施設や食事サービスの有無、プランごとの内容によって決まります。

自分が遊んでみたいプランごとに探すとなると、自分が考えている予算に合った値段であるかも比較することが出来ますし、募集しているタイミングによってキャンペーン価格になっているところがあれば、格安で申込も出来るので、料金ごとにプランを探しながら自分の予算に合った教習所を探すことが出来ます。

合宿免許の料金プランについて

2週間などの短期間で自動車やオートバイなどの運転免許を取得することが出来る合宿免許は、新しい出会いが在る、地方での合宿生活となるため、観光を楽しめるなどの魅力が在ります。

自動車の運転と言うのは、継続的に練習をすることで短期間でマスターすることが出来るのが特徴で、運転に対して苦手意識を持つ人でも、合宿免許の場合は集中的に運転技術を学ぶため、身体で運転を覚えやすくなるというメリットが在ります。

合宿免許の選び方と言うのは、利用される人により異なりますが、地方などでの教習が多い事からも、観光などを兼ねて運転免許を取得したいという場合には、行きたい場所を選ぶ、そして料金やプラン、特典などを比較して選ぶのがお勧めです。

また、インターネットの中には合宿免許を比較することが出来る比較サイトも在り、こうしたサイトを利用する事で最安値で運転免許を取得することが出来る合宿免許プランを見つける事も出来るようになっています。

尚、合宿免許のプランと言うのは、食事が付いているプランと自炊するプランが在りますし、宿泊する部屋についても一般的なホテルを利用するプランも在れば、自動車教習所の敷地内に作られている寮を利用するプランや近隣に在るマンションを宿泊施設としているプランも在るなど、プラン内容などに応じて最安値となるプランを選べると言うメリットも在ります。

また、部屋についても個室と相部屋と言った種類が在るなど、料金プランが複数あるのでニーズに合うものを選ぶのがお勧めです。

合宿免許の料金はローン払いもできる

合宿免許で運転免許を取得する場合、自動車教習所には多額の費用を支払わなければなりません。合宿免許コースの料金は、教習料金だけでなく、検定料や宿泊費、食事代などがすべて含まれているのにもかかわらず、通学免許の料金と比べて同程度か、通学免許より安くなっているのが特徴です。しかし、それでも教習所に入るためには、二輪免許だと20万円前後、四輪免許だと30~40万円程度の費用を用意しなければなりません。多くの人は、教習所に行くまでに少しずつお金をためて教習料金分のお金を用意しますが、そのようにしなくても教習料金を支払うことができる方法も存在します。それは、運転免許ローンを使う方法です。

自動車教習所の中には大手信販会社と提携して、教習料金をローンで支払えるようにしている所が多いです。このローンの申し込みは18歳以上から行うことができ、審査を通過することができれば、教習料金を支払えるだけの現金がなくても入校することができます。ただし、20歳未満の未成年者と、20歳以上で大学、短大、専門学校のうちのいずれかに通っている人は、申し込みの際に親権者からの同意を得る必要があります。

運転免許ローンの返済は原則として入校した月の翌月から開始されますが、学生に限り、支払い開始時期を入校から6ヶ月後までに先延ばしにすることができます。これを利用すれば、運転免許の取得時期を学校を卒業する間際にすることで、会社で仕事をし始めた後すぐにローンの返済に対応することができます。

合宿免許なら格安で免許が取れます

大学に入学したり、新社会人として勤務する事になった時、車の運転免許が必要になることがあります。運転免許を取得するには、ほとんどの場合教習所に通う必要がありますが、その費用は決して安いものではなく、特に収入の少ない学生にとっては大きな負担になってしまいます。

また、いざ通うとなっても、学校の授業やアルバイトのスケジュールが重なってしまい、中々通うことが出来ないということも少なくありません。

スムーズに教習を受けることができれば、運転技術も早く身につきますが、教習に間が空いてしまうとどうしても技術を習得するのが遅くなってしまいます。そうなると教習所に通う期間も長くなってしまいますし、補習が必要になった場合には余計な費用も必要になってしまいます。

スムーズかつ、安い費用で免許を取得するのであれば、合宿免許を利用するのも良い方法です。合宿免許は、予めカリキュラムが組まれているので、決められた期間内に教習を終えることができます。宿泊や食事の費用も料金に含まれているので、滞在中に無駄な出費をしなくても良いのも大きな利点です。

合宿免許は全国の様々な教習所で実施されていますが、より安く利用するのであれば、各種割引サービスを行っている所を選ぶのがおすすめです。早期の予約や、グループでの利用で割引を行っているところもありますし、人気のある時期をずらすことで料金が安くなることもあるので、事前によく調べておくと良いでしょう。

これがあると便利!合宿免許で役立つ持ち物

書類や印鑑など入校に必要なものは出発前に必ず確認を!

合宿免許に行く際に絶対に忘れてはいけないものは、入校に必要な本人確認書類や住民票です。生活用品などは合宿所の近くで購入すれば何とかなる場合も多いですが、こういった書類は忘れてしまうとどうしようもありません。特に本人確認書類と住民票の住所は一致していないといけませんので、前もって確認しておきましょう。加えて、入校に必要な書類を提出する際には朱肉で押すタイプの印鑑も必要です。シャチハタやゴム印などは使えませんので、注意してください。その他にも筆記用具や眼鏡・コンタクトレンズは試験を受ける時に必須なので、絶対に忘れないようにしましょう。

洗濯用品や雨具、暇つぶしアイテムなどがあると便利!

合宿期間は最短でも2週間はかかります。全ての日が晴れるとは限らないので、念のため折り畳み傘を持っていた方が良いでしょう。また宿泊施設にはハンガーが用意されていないところも多く、仮に用意されていたとしても本数が足りないという場合もあります。ハンガーや洗濯物を干すロープ、洗濯ばさみなどを持っていくと、洗濯物が乾かせないという心配もなく大変便利です。加えて洗濯物を入れるネットなどを持っていれば、型崩れを防ぐことができるうえに中身を他の人に見られることもなくなるので一石二鳥です。 慣れない環境で生活する合宿免許期間中は、常備薬を持っておいた方が安心できます。普段飲んでいる頭痛薬や胃薬、風邪薬などに加え、絆創膏などもあると便利ですよ。また枕が変わると眠れないという方も少なくないですし、宿泊施設では隣室の音や空調の音が気になってなかなか寝付けない可能性もあります。安眠のためにもヘッドフォンや耳栓、アイマスクがあると便利ですね。さらに合宿中に意外と役に立つのがマスクです。花粉症や風邪など健康管理のためにはもちろん、宿泊施設の空調による乾燥も防いでくれる優れものです。すっぴん隠しにも使えるので、特に女性の方は持っておくととても役に立つでしょう。 合宿期間中は意外と空き時間も多く、授業と授業の間や夕食から就寝までの間は自由に過ごすことができます。パソコンやタブレットなどの暇つぶしアイテムを持って行けば、就寝前の時間や教習の待ち時間を楽しく過ごすことができますよ。携帯用の音楽プレーヤーやゲーム機なども良いですが、同じ曲やゲームばかりだとすぐに飽きて時間を持て余してしまうかもしれません。そんな時のために日ごろなかなか読まないような文庫本を一冊カバンに入れておくと、良い暇つぶしになるので便利ですよ。

基本的な合宿免許での1日の流れ

起床から午前中の教習までの流れ

合宿免許は起床の時間は特に決まっていませんが、朝食の時間は決まっていることが多いので食堂などで朝食を食べたいという場合にはその時間に合わせて起床することになります。朝食を食べに行く前に身支度などを済ませておく必要があるため、一般的には7時頃に起床する人が多くなっています。

教習は8時半~9時半頃から早ければ始まりますので、自分の教習スケジュールを確認してそれに合わせて行動することになります。場合によっては午前中の早い時間に教習が無いということであれば遅い時間まで寝ていても大丈夫だったりすることもあります。午前中にはおよそ教習は2~3コマであることが多く、教習と教習の間には休憩時間も設けられているのでトイレに行ったり休憩したりすることが出来ます。
1コマはおよそ50分であり、休憩時間は10分程度となっていますので移動に時間がかかる場合には早めに行動することが大切です。

昼食から午後の教習までの流れ

合宿免許の昼食は午前の教習が終わってからで、およそ1時間程度の時間があります。食堂で昼食を食べる場合には合宿免許の費用に含まれていることが多いのでお金はかかりませんが、人によっては気分転換も兼ねて外食するという場合もあります。

午後の教習は午前に行われる教習と比べてコマ数が多く、夜20時過ぎまで教習が行われることも少なくありません。
基本的には午前の教習と同じように行われますが、午前と午後の大きな違いは午後には途中に長めの休憩時間が設けられていることが多いということです。そのため、コマ数が多くてもそれほど長丁場を意識することなく教習を受けることが出来るようになっています。
長めの休憩時間は午後の教習が2コマ終わったぐらいに設けられていることが多く、時間は2時間程度あるので部屋に戻って休んだり休憩場所で他の人と交流するなど思い思いの時間を過ごすことが出来ます。

夕食から就寝までの流れ

その日の最後の教習が終わったら後は就寝まで自由時間となりますが、夕食の時間だけは決まっているので食堂で夕食を食べたいという場合には忘れないようにしなければなりません。早めに教習が終わったという人であれば夕食を外食で済ますということも可能です。
就寝までの自由時間は好きなように過ごすことが出来ますが、合宿免許によっては門限があることもあるので外出する際には注意が必要です。他の参加者と交流したり、明日のための予習を行ったり洗濯をしたりすることも出来ます。
就寝時間は門限と同じように設けられていることが多く、消灯時間も決まっていることが多いので夜更かしをせずに翌日に備えて睡眠を取るのが一般的です。

合宿免許の特徴とさまざまなメリット

合宿免許の特徴

合宿免許とは、教習所が用意した宿泊施設で合宿しながら教習を受けるという免許取得のスタイルです。一般的な通学免許は、自宅から通学するスタイルですが、合宿免許の場合は泊まり込みでおこなうという点が大きく違います。そして合宿免許の場合は、短期間で免許取得ができるという点や、通学免許よりも費用を安く済ませることができるという点も、大きな特徴になっていると言えるでしょう。

合宿免許のメリット

合宿免許のメリットは、なんと言っても費用が安く済むということです。費用相場は時期などによっても変わってきますが、一般的な通学免許よりも5万円~10万円程度も安く済ませることができる場合があります。しかも、その費用には宿泊費や食事代、交通費が含まれていることが多いため、それを考えるとかなりお得な費用設定になっているということが言えるでしょう。ですので、できるだけ費用を安く抑えたいという人に向いていると言えます。

合宿免許のメリットとして次に挙げられるのは、短期間で卒業できるということです。一般的な通学免許は最短でも1カ月はかかると言われていますし、長くなると3カ月以上かかってしまう場合もあります。しかし合宿免許の場合は、最短2週間程度という驚異的なスピードで卒業することができるのです。なぜこんなに短期間での卒業ができるのかというと、1日の間に多くの教習を受けられるようにスケジュールが組まれているからというのがその理由になります。つまり短い期間に必要な教習数を詰め込むことで、短期間での卒業を可能にしているということです。そのため合宿免許は、早く免許取得をして車の運転をしたいという人にもおすすめです。

合宿免許にはその他にも、旅行気分を楽しめることや、色々な人と出会えるというメリットがあると言えるでしょう。このタイプの教習所は全国各地にありますし、観光地に近い場所にあることも多いため、免許取得を目指すと同時に観光やレジャーを楽しむこともできます。ですので、近くにどんな観光地があるのかということも調べた上で選ぶとよいと言えます。そして合宿免許は、さまざまなところから人が集まってくるので、現地での出会いや交流も楽しみの一つです。中には合宿中に友達や恋人を作ったりする人もいますし、そのことを目的に合宿免許に参加する人もいます。このように合宿免許には、観光や出会いを楽しめるという魅力もあるため、楽しみながら免許取得をしたいという人に向いていると言えるでしょう。

合宿免許をわかりやすく紹介

合宿免許は合宿しながら免許取得を目指す方法

一般的に免許を取得する際には、自宅や学校、職場などから教習所に通って必要な講義や実技を受ける通学免許と呼ばれる方法が利用されていますよね。ただこちらの方法の場合、何度も教習所に通わなければいけませんし受ける講義や実技の順番と自分のスケジュールを照らし合わせなければいけないので、人によっては免許取得までにかなり時間がかかってしまいます。そのためもっと短期間で免許を取得したい人やまとめて講義や実技を受けたいという人が利用しているのが、合宿免許です。

合宿免許は教習所が用意した宿泊施設を利用しながら、2週間程度の期間でまとめて教習所に通う免許取得の方法になります。このため合宿期間中に教習所の内容を全て受けることになるため、間隔を空けずに講義や実技を受けることができます。そして2週間の期間で教習所を卒業し、免許取得のための試験を受ける形になるので、短期集中型で免許取得を目指したい人におすすめのコースとなっているのです。

合宿免許ならではの特徴

そんな合宿免許の特徴は、最短で教習所を卒業できる日をあらかじめ確認することができる点です。通学免許の場合はいつ卒業できるのか、最短でどの程度の期間かかるのかは、自分たちのスケジュールや教習所側の日程を照らし合わせて計算しなければわかりません。また途中でスケジュールが変更になってしまうと予定が狂ってしまうので、なかなか卒業できる日を想定することが難しいですよね。それに対して合宿免許はあらかじめスケジュールが教習所側で決められているため、事前にどの程度の期間で卒業できるようになっているのか確認することが可能です。

このため教習所や自分たちのスケジュールを調整・管理する必要がありませんし、免許取得までのスケジュールや予定を把握して行動することができるという点はメリットだと言えます。ほかにも合宿免許にかかる費用は全て完全パック制と呼ばれるスタイルになっており、通学免許の際には個別清算しなければいけない項目もまとめて支払うことができるのです。中には合宿免許中の食費なども含まれているため、余計な出費を抑えて免許取得を目指すことができるという点も特徴となっています。

合宿免許の申し込みの方法

合宿免許に申し込む場合は、教習所のスケジュールを確認した上で空いている時期に申し込みをします。教習所によってはいつでも申し込みができるところもありますが、長期休暇中は申し込みをする人が増えてくるため注意が必要です。申し込みをした後は通学免許と同じく必要書類を提出すれば予約が確定するので、申し込みをする際には事前にスケジュールや宿泊施設に関する情報を確認しておくことがおすすめだと言われています。