Search
Search Menu

合宿免許の免許で運転可能になる自動車とは

運転免許によって運転できる自動車の種類を知ることは大切

長期休暇の時期になると、多くの方が遠方の自動車教習所へ合宿免許に出かけ、希望している自動車免許を取得しようとします。そして初めて合宿免許に出かける場合、普通自動車免許を取得するでしょう。確かに自動車免許は1つあるだけで、カーライフを楽しめるだけではなく身分証明などにも使えるため、大変便利な存在です。

自動車免許には普通自動車免許をはじめ、中型や大型などさまざまな種類があります。実は免許の種類ごとに運転できる自動車の種類も決まっていることは知っておくことが欠かせません。もし持っている自動車免許で、許可されていない種類の車を運転すれば、法律で罰せられてしまいます。このため取得しようとしている自動車免許の種類と運転できる車の種類はセットで覚えておくことが大切です。

普通自動車免許と準中型自動車免許で運転できる車の種類とは

具体的に自動車免許の種類によってどのような自動車を運転できるのでしょうか。まず自動車免許の代名詞的な存在である普通自動車免許の場合は、名前から見ると街中を走っている普通の乗用車だけであれば運転できるように見えます。しかしほかにも軽トラックや原付二輪車も運転できるため、普通自動車免許1つでも非常に便利です。

なお普通自動車免許で2種があれば、タクシーやハイヤーなどを使って旅客営業できます。タクシー会社や個人事業でタクシードライバーとして活躍するのであれば、普通の2種免許は必要となるため忘れずにとりましょう。

次に挙げられる免許の種類が、2017年から登場した準中型自動車免許です。この免許では普通自動車免許で運転できる自動車に加えて、2トントラックの運転もできます。ある程度量の多い荷物を扱うのであれば、準中型自動車免許はおすすめです。

中型自動車免許と大型自動車免許。大型特殊免許で運転できる車の種類とは

3番目にご紹介する自動車免許が中型自動車免許です。中型自動車免許の場合は、準中型自動車免許で運転できるすべての自動車のほか、乗員30人未満のマイクロバスも運転できます。2種免許があればマイクロバスを使った旅客営業も可能です。

4番目にご紹介するのが大型自動車免許です。大型自動車免許では中型自動車免許で運転できるすべての自動車に加えて、30人以上の乗員になっている路線バスや観光バスも運転できます。2種免許がある場合は、路線バスや観光バスを使った旅客営業が可能です。もしバス会社などで路線バスや観光バスの運転業務を行いたいのであれば、大型2種免許は欠かせないでしょう。

最後にご紹介するのが大型特殊免許で、除雪車やフォークリフトなど工場や倉庫、雪道での作業に欠かせません。ただし実際の現場で作業に携わる場合は、作業に必要な専門の免許も忘れずに取得しましょう。

運転免許によって違う運転可能な車両と条件

運転免許の大まかな分類

運転免許は10種類に大別することができます。普通自動車を運転するのに必要な普通免許が最も一般的ですが、車両総重量が3.5トン未満、最大積載量が2トン未満、乗車定員が10人以下の車両しか運転することはできません。より大きな車両を運転できるようになるためには準中型免許、中型免許、大型免許のいずれかを取得することが必要です。大型免許になると11トン以上の車両総重量、6.5トン以上の最大積載量、30人以上の乗車定員の大型自動車も運転できるようになります。

バイクを運転したい人は普通自動二輪免許を取得するのが一般的です。しかし、この場合にも運転できるバイクには制限があり、400cc以下の排気量でなければなりません。それ以上の排気量のバイクを運転したい場合には大型自動二輪免許を取得する必要があります。また、原動機付自転車を運転したい場合には原付免許を取得すれば問題ありません。ただし、他の免許を取得するだけで原動機付自転車は運転できることが多いので、他の車両も運転したい場合には詳細を確認しておきましょう。

タンクローリーなどの特殊車両を運転したいときには普通免許などでは意味がありません。特殊車両を運転するには特殊免許を取得することが必要です。大型特殊免許と小型特殊免許の二種類があり、小型特殊免許の場合には車両の大きさと排気量に制限があります。車長は4.7メートル以下、車幅は1.7メートル以下、車高は2.0メートル以下、総排気量は1.5リットル以下の特殊車両だけ運転できるのが小型特殊免許です。大型特殊免許の場合にはこのような制限はありません。

運転免許の取得に関する年齢と経歴の制限

運転免許は種類によって取得するための条件が異なっています。年齢制限は代表的なもので原付免許、小型特殊免許、普通自動二輪免許は16歳以上なら取得できます。普通自動車免許や準中型免許、大型特殊免許や大型二輪免許、けん引免許は18歳以上なら取得可能です。中型免許は20歳以上、大型免許は21歳以上と定められています。これに加えて中型免許と大型免許については運転経歴に関する条件もあるので注意が必要です。中型免許の場合には普通免許、準中型免許又は大型特殊免許を持っていた期間が通算で2年以上、大型免許の場合には中型免許、準中型免許、普通免許又は大型特殊免許の期間が3年以上求められています。このような条件も加味して取得する運転免許を検討することが重要です。

取得条件も加味して適切な免許を取得しよう

運転免許は種類によって運転できる車両に違いがあり、取得するための条件も違います。運転する予定の車両を考慮して、適切な免許を取得するようにしましょう。

合宿免許を利用するのがおすすめの方について

合宿免許で運転免許を取得するのは、通常の講習を受けるのとは異なる形になります。その特徴が利用者に合ったものであれば、より良い免許取得ができますので、おすすめできる免許取得方法になるでしょう。

例えば、できるだけ短期間で免許を取得したい方にとって、合宿免許は良い免許取得方法です。通常なら1か月から3か月、人によってはそれより長くかかる免許取得を2週間で済ませられます。

また、免許取得までの期間を楽しく過ごしたい方にとっても、合宿免許はおすすめの方法です。宿泊施設がある以上、必ずしも最寄りの自動車学校の合宿に参加する必要はありません。自動車学校も他の都道府県からの合宿参加者をターゲットにした合宿企画を立ち上げていますので、観光してみたい都道府県の自動車学校の合宿免許に参加するのは、魅力的な選択となります。

この他にも、友人や恋人と一緒に免許を取りたい方にも、合宿免許は面白味のある免許取得法です。文字通りの合宿になりますので、一緒に過ごす時間が長く、2週間を楽しく面白く過ごせるでしょう。運転免許を取得するのは初めてという方にとっても、友達や恋人と一緒に取得するのであれば、安心して講習を受けられるようになります。

ランキング上位の合宿免許だと安心

何かの情報を調べる時にインターネットなどでランキングを参考にする人も多いことでしょうが、合宿免許の教習所を選ぶ時にもランキングは大いに役に立ってくれたりするものなんですよね。
ランキングで上位に入るということは、それだけ多くの人が利用をしていて満足をしているということですから、下位の場所と比較をして教習を受けやすい環境にあるといえます。

もちろん、全ての人を満足させるということは難しいものですから、必ずしも上位の教習所で満足できるかというとそうではありませんが、確率の問題としてはやはり上位のほうが安心だといえます。
自分もこのようなものを参考にして教習所を選んだのですが、実際に利用をした感想としてはやはり評価が高いというのはそれなりの理由があるからで、あるものなのだなと感じました。
現実的にはどこの教習所でも厳しい競争を勝ち抜いていかなければならないわけですから、どこを選んでもそれほど大きく変わるということもないものですが、一定期間自分の家を離れて教習を受けるわけですから納得の行く教習を受けたいと思った時には教習所選びというのが重要なものになり、そのためにはランキングを参考にして見ると便利です。

合宿免許は長野で決まり!

GoToトラベルで話題になった合宿免許ですが、そもそも合宿免許って何?と思われている方も多いのではないでしょうか。ここでは、通学免許と合宿免許の違いや合宿免許のメリット、おすすめの合宿地についてご紹介します。安く運転免許を取得したい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

合宿免許って何?

合宿免許とは、自宅近くの教習所ではなく、宿泊を伴う遠方の教習所にて運転免許取得のための技能教習および学科教習を受けることをいいます。公安委員会指定の教習所なら日本全国どこの教習所でもカリキュラムは同じですから、好きな場所で教習を受けることが可能なのです。ただし、教習所を卒業した後に受験する学科試験は、住民票のある住所地の運転免許センターでの受験となりますので注意してください。

合宿免許3つのメリット

スケジュール管理が不要短期で卒業できる

合宿免許では教習所がベストなスケジュールを組んでくれるので、効率よくカリキュラムを受講できます。通学のように技能予約も必要ないので、予約待ちで無駄な時間を過ごすことなく、短期間で卒業できるのが最大のメリットです。通学では運転免許取得におよそ3ヶ月かかると言われていますが、合宿免許ではオートマ(AT) 免許が最短で14日、マニュアル(MT)免許が最短で16日で取得可能です。

安い

合宿免許では通学よりも教習料金が低めに設定されています。そのうえ卒業まで追加料金なしの教習所も多いです。通学の場合、運転免許取得に30万円程度かかると言われていますが、合宿免許は安い時期を狙えば20万円程度で済む所もあります。たとえ高い時期でも通学の場合と同程度です。合宿免許には教習料金以外に宿泊費や食費、交通費も含まれていますから、格安と言えるでしょう。

観光気分も味わえる

合宿免許では教習料金だけでなく、宿泊施設の費用、食事代、往復の交通費ががセットになっていますから、免許を取るついでに観光や食事も楽しめます。友人と参加するのも楽しいですが、たとえひとりで参加しても友人ができやすい環境と言えるでしょう。

どこで合宿する?費用は?

合宿免許で観光気分を味わうのなら、豊かな自然に恵まれ、食事がおいしく、アクセスの良い長野を選ぶのがおすすめです。長野は全国魅力度ランキングで常に上位にランクインするほど人気があります。水と空気がキレイで自然に囲まれた長野なら、教習にも集中できるでしょう。

合宿と言っても宿泊施設や部屋のタイプはさまざまです。ホテルやペンションに宿泊できる教習所や、無料でスポーツ施設が利用できる教習所もあります。相部屋が嫌な場合は個室のプランもありますので、ひとりでも安心して参加できます。

合宿免許は学生が利用することが多いため、春休み(1月後半から3月)と夏休み(7月から9月前半)が高めに設定されています。春休みは大学生だけでなく高校3年生も申し込みますので、特に混み合います。費用を安く抑えたいなら、この時期を外して探しましょう。長野の合宿免許の費用は、時期によりますが、21万円から36万円程度のところが多いです。

合宿免許はメリットがいっぱい

最短で、しかも格安で、観光気分を味わいながら運転免許が取れる合宿免許はメリットがいっぱいです。まとまった休みがとれる方、遠方への移動が可能な方は、自然に恵まれた長野での合宿免許も選択肢に加えてみてください。

合宿免許についてのまとめ

何かしらの免許を取得しようと考える場合、一般的な方法は、普段の生活の中で時間の調整をして講習を受講する努力を続けることです。しかし他にも宿泊施設に泊まり込んで一定期間に集中して講習を受ける、合宿免許という方法を選択することもできます。合宿免許についてまとめてみます。まず一定期間泊まり込みになることが前提となりますので、筆記用具などの免許取得に必要な品の他にも持ち物が必要になります。基本的には旅行に行く時と同じ様な持ち物を用意しますが、それに加えて必要最低限の生活用品があると便利です。ただし、最近は宿泊施設によっては備え付けられている品物も多いので、事前に問い合わせて確認することが大切になります。合宿免許に参加しようとすると、ある程度まとめて休みを取得しなければならないので、全ての人に適した方法とはいえません。しかし集中して講習を受講することによって短期間で卒業できる可能性があります。さらに通学型と比べて卒業までの期間が短いということは、費用の面でも利点があるといえます。その他にも同じ試練を乗り越える経験や、空いた時間を一緒に過ごすことで、人間関係で連帯感を感じられることなども合宿免許ならではの特徴だといえます。

合宿免許の情報を2chで収集する場合

何かの情報を収集する時に2chのような掲示板を利用する人も多いものですが、この方法というのは真偽を見ぬかなければ全く役に立たないどころかマイナスになってしまうことがあります。
そのため、合宿免許の評判を知る時に参考にしようとして役立てることができればいいのですが、逆にそれによって教習所選びを失敗しないように注意をしましょう。   2chのような場所では匿名であることから、有用な意見を収集することができますが、逆に匿名であることから好き勝手なことを書き込むことができるので、特にネガティブな内容というのは多くなりがちです。
どのような教習所であってもすべての人が満足するわけではないですから、一部の不満を持った人が悪意を持った書き込みをすればそれが全てのように見えてしまいますが、悪いところは悪い意見として取り入れて総合的に見て本当に悪い教習所なのか、それとも全体的には評判が良い教習所なのかということをしっかり見極めることが重要です。
良い評判だけでなく、悪い評判というのも参考になるものではあるためどちらの内容もしっかりと考慮して合宿免許を利用する教習所選びをすれば失敗せずに免許を効率よく取得することができます。

おすすめの合宿免許について

近頃の合宿免許の取り方

近ごろでは、車の免許を取るためにさまざまな学び方があります。それぞれのライフスタイルに合わせて、教習所に通う人や、泊まりがけの短期集中型で合宿をしている人もいます。それらの中でも、合宿免許には、数多くのメリットがあるのです。
合宿免許には、多くの人々との新しい出会いが期待できます。若い学生から高齢のビジネスマンや主婦など、普段は出会うことのない幅広い年代の人々と交流を深めることも可能ですので、コミュニケーション能力を高めるというメリットもあるのです。
さらに、自動車の合宿免許で知り合って親しくなった相手と一生の友達になったり、恋人として付き合うようになるケースも多く見られます。合宿免許のおすすめの人気ランキング2chまとめには、講習を受けている合間にはテニスやスキー、温泉などリゾート気分を味わえるレジャーの多い場所が圧倒的な人気を集めています。楽しみながら免許も手に入れることができると、多くの生徒たちの間で絶大な関心を集めています。

合宿免許 くりっく

合宿免許所を利用した私が語る自動車学校の違い

短期間で免許の取得をしたかった私は「合宿免許所」を利用することにしました。
合宿免許先の選び方として参考にしたのが、利用者の口コミが書かれたサイトでした。
自分自身が疑問に思っていた宿泊施設や食費、交通費や保証内容まで細かいことが書かれていたのでとても参考になりました。

このサイトを見るまでは「合宿免許所はできるだけ自宅から近い方がよい」と思っていたのですが、利便性よりも内容の方が大事であることを実感したのです。
私が利用したのは戦車で一時間半ほどのところにある緑豊かな自然のところにある合宿免許所でした。
田舎にあることで土地が安いのか、宿泊施設もすべての部屋が個室でトイレも共同ではありませんでした。
プライベートな空間があったことで一人でくつろぐこともできたし、免許取得のための勉強をする事が出来たのもよかったです。

食事に関しても食堂があり、料金もあらかじめすべて含まれたプランだったのでお金が別途かかることもありません。
味に関してはまずくはない程度でしたが、毎日、麺類と定職の二種類が用意されていたので合宿期間中に飽きることなく食事ができました。
自動車学校の違いに関しては、やはり、短期間で免許を取得できることが大きいでしょう。
通う期間が短いことが合宿免許のメリットです。
反対に、合宿免許のデメリットとしては「費用が高い」ことです。
通常、自動車学校で免許を取得することと比較すると1.5倍から2倍程度かかります。
まとまったお金を用意できない場合には分割払いも利用できるので検討してみるとよいでしょう。
免許取得までの流れとしては、朝は8時半ぐらいから学科教習と技能講習が始まります。
これが夕方18:30ぐらいまで続くので精神的には疲れを感じました。
もちろん、間には休憩時間も用意されているのですが、学生の私でも「疲れたな」と一日が終わると感じるぐらいです。

技能講習に関しては、運動神経がさほど得意ではない私でも、毎日、続けてやることによってコツをつかむ事が出来ました。
これも、合宿免許のメリットと言えるかもしれません。
どうしても、期間が空いてしまうと運転する上でのコツや要領を得ることが難しくなることもあるでしょう。
授業を終えた後は部屋で自習をするときもありましたが、仲良くなった人と食堂などで話をして過ごす事もありました。
いろいろな地域から免許を取得しに来ているので、友達の輪は広がりやすいように思います。